スパイラル・テーピング協会

23年の歴史をもつ学術団体です。

メインビジュアル2

HOME

北信越ブロック

平成29年4月15日(土)16日(日)加賀温泉郷マラソン2017

加賀温泉郷
〈参加メンバー〉折越幸夫、川上志乃、齊藤誠男、高田茂敏、南健一、古市直子、宝鏡修
〈処置人数〉223名
〈コメント〉
4月15日・16日の二日間、石川県加賀温泉郷マラソンのボランティア活動に行ってきました。
 15日は前日イベントがメインなので、さほど忙しくなく、どの様な会場なのか確認のために行ってきました。我々に与えられたブースは体育館内の一角を与えられ好条件の場所でした。
 16日は、現地に午前6時着、慌ただしく準備を整え、受け付け開始と同時に沢山の選手に来ていただきました。今回は、7名のスタッフでふらふらになりながら頑張ってきました。昨年9月以来の活動だったのですが手際よく処置ができ、多くの方から感謝と喜びの声を聞かせていただき、充実した一日を過ごすことができました。
処置をさせていただいた人数も223名になり、心地よい疲労感を感じながら帰路につきました。今回の協力頂いた北信越ブロックの会員の先生方ありがとうございました。
(記 北信越ブロック長 折越幸夫)
2017年04月17日 14:14 |コメント|
加賀温泉郷15日
2017年04月17日 14:10 |コメント|

平成28年9月11日(日)白山白川郷ウルトラマラソン

白山マラソン2016 前半
〈参加メンバー〉折越幸夫、大西慶治、川上志乃、北川隆之、木藤正幸、齊藤誠男、高田茂敏、古山浩昭、南健一、南野立志、宝鏡修

〈コメント〉
2016 白山白川郷ウルトラマラソンボランティア報告
9月11日 石川県側の白山の麓、道の駅瀬女に午前2時に集合しました。4時に100キロの部がスタートするので設営を始めるが、準備が整わないうちに選手が来てくれました。
100キロに出る方は、流石に走りこんでいる人が多く、明確に不良箇所を指摘され、こちらも、対処法が明確になり楽しく処置ができました。50キロの選手になると、テーピング待ちの行列が長くなり、「練習不足です」と話す方がふえました。
2016年09月13日 17:10 |コメント|
白山後半
後半は、2時前に会場入りしたのですが選手が集中するのは、ゴール閉鎖が近づく6時過ぎです。今回は、重篤な選手がなく無事終えることができました。終わってみれば、214人の方に来ていただき大盛況でした。
北信越ブロック会員の先生方、未明の2時から夕方の7時まで協力いただき心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
(記 北信越ブロック長 折越幸夫)
2016年09月13日 17:02 |コメント|
0000408211.jpg
スパイラルテーピングを求めて、ランナーの行列ができておりました!
2016年09月13日 17:00 |コメント|

平成28年5月29日(日)第33回カーター記念黒部名水マラソン

第33回カーター記念黒部名水マラソン
〈参加メンバー〉石田幸弘、折越幸夫、川上志乃、木藤正幸、北川隆之、齊藤誠男、高田茂敏、経澤幸七、古市直子、古山浩昭、宝鏡修、南健一

〈コメント〉
2016年5月29日(日)午前7:00 福井県から2名、石川県から5名、富山県から5名の会員が結集しました。現地入りしたら選手の方10名程が待っていて、準備をしながらの、ばたばたスタートとなりました。来年は6:30集合にします。 「反省」
 さて、今回もドラマがありました。選手からの感謝の声や感動はもちろん沢山ありましたが、スパイラルテーピングが少し浸透してきた気がしました。根拠になるのは、「昨年受けて良かった」「友人が、とても良かったと言っていたので受けに来た」「スパイラルテーピングコーナーがあったら絶対に行くように言われた」「別の大会で受けて良かったので来た」などの声を聴けたからです。
 また、ケアを受けた方の中に、加賀温泉郷マラソンの実行委員会の方がいて、その場で加賀温泉郷マラソンのボランティア活動の依頼をうけました。先のことは分かりませんがこれからも反省点を探し勉強していきたいと思います。
今回10、542名のエントリーがあり、スパイラルテーピングコーナーには321名の方に来ていただきました。ボランティア活動に参加いただいた、斎藤先生、宝鏡先生、南先生、北川先生、木藤先生、川上先生、古山先生、高田先生、経澤先生、古市先生、石田先生
ありがとうございます。
                     スパイラルテーピング協会北信越ブロック長 折越 幸夫
2016年05月30日 17:46 |コメント|

平成28年4月24日(日)第36回魚津しんきろうマラソン

魚津2016
<参加メンバー>
折越幸夫、川上志乃、齊藤誠男、経澤幸七、古市直子、宝鏡修

<主な処置> 寒症の処置が約9割だった。

4月24日(日)スタッフ6名、午前7時に魚津市ありそドームに集合し設営準備、そして活動開始しました。ことし初めてのボランティア活動で、最初は多少の戸惑いもありましたが、しばらくで、体がスムーズに動くようになりました。8時頃には、受付前に10名以上の列が出来る程になり、嬉しい気持ちと心の焦りを感じながら処置をしました。
今年は、強い北風が吹き寒く感じる大会となり、主催から、昨年より全体にタイムが落ちていると発表があり、レース後の処置でも寒症の方が9割強でした。そんな中でも、「ベストタイムが出た」「10キロを初めて1時間きれた」「痛みが出なかった」など、沢山の感謝の言葉をいただき、今回も充実した一日になりました。おかげで208名の方にきていただき処置をさせていただきました。今回参加された、北信越ブロック会員の先生方、ご協力ありがとうございました。
北信越ブロック 折越 幸夫
2016年04月27日 10:48 |コメント|

平成27年9月13日(日)第3回 白山白川郷ウルトラマラソン

レース前
(レース前) 折越幸夫、南健一、南野立志、北川隆之、木藤正幸、寺田敏晃

午前2時に会場に入りました、天候は曇り、しかし、いつ降りだしてもおかしくない空模様、しかし、空ばかり眺めている時間は無く会場設営にかかりました。
早速、選手が来てくれ、ありがたいことに長い行列が出来ました。
2015年09月17日 13:33 |コメント|
レース後
(レース後)折越幸夫、川上志乃、南野立志、木藤正幸、齊藤誠男、宝鏡修、高田茂敏

後半は、午後は3時から始めたのですが、昨年と違い選手の方から来てもらえて呼び込みの必要がなくなりました。今回もゴールした選手が感謝の言葉を持って 来てくださり、ケアを終えた選手はなんでこんなに変わるのですかと質問攻めでした。今後も天狗にならずに精進していきたいと思います。今回は、前半に 125人。後半に73人、合計198人の方に処置をさせていただきました。北信越ブロックの会員の先生方、高山の寺田先生、大変なスケジュールにもかかわ らず快く協力していただきありがとうございました。
北信越ブロック 折越 幸夫
2015年09月17日 13:00 |コメント|

平成27年8月2日小松中央ライオンズ旗争奪ママさんバレーボール大会

北信越ママさんバレーボール大会
〈参加メンバー〉
折越幸夫、木藤正幸、南 健一、南野立志

〈コメント〉
毎年の事ですが、気温が高く汗をかいた選手の皮膚にテープを貼るのはなかなか大変でした。バレーボール大会のボランティアでは、局所の処置が多く、古傷の方も多く見受けられました。そんな中、34人の方にスパイラルテーピング処置をして、全員の方に喜んでいただくことが出来ました。今回協力頂いた南会員、木藤会員、南野会員ありがとうございました。
北信越ブロック 折越 幸夫
2015年08月04日 16:04 |コメント|

モバイルサイト

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトQRコード

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • バナー スパイラル田中
  • 会員専用ページ
  • amebaバナー

スパイラル・テーピング協会

〒574-0011
大阪府大東市北条1-23-1
072-862-0682