スパイラル・テーピング協会

23年の歴史をもつ学術団体です。

メインビジュアル2

HOME ≫ 中部ブロック ≫

中部ブロック

2019年12月8日(日)袋井クラウンメロンマラソン

メロンマラソン_コピー
<参加者>内海良浩 内海良太
<コメント>スパイラルテープを指定して来てくれる方が多いように感じた。足がつるといった人が、5本指の靴下履いている人が多かった。
<処置>4点、8点貼り 筋建靭帯の処置、アレルギー、足関節捻挫

2019年11月24日(日) 第51回おかざきマラソン

IMG_2626
紅葉が進む岡崎市総合運動場周辺道路で第51回おかざきマラソンが開催されました。
体育館のエントランスでマラソンケアボランティア活動と啓蒙活動をしました。マラソン前のコンディションに50名、ゴール後のケアに7名の利用がありました。
振動による判定法で、随分と正確な判断と処置ができました。
ランナーも身体の変化に驚きの声とマラソン後に「タイムアップした」とか、「楽走ることができた」と報告に、わざわざブースに足を運んで頂きました。有難いです。(中部ブロック長 古田昌宏)
(参加者/順不同・敬称略)疋田大輔 小田晃平 山中誠太 古田昌宏

 

令和元年11月10日(日) いびがわマラソン2019

いびがわマラソン2019
<処置>下腹部テ-プ、10肋下テープ、顎関節調整テ-プ、熱症、寒症の処置、虫様筋テ-プ4枚貼り、上肢・下肢の8枚貼り、 靭帯(腱)中心の処置法
<コメント>今年は例年参加していただく先生方が諸事情や体調不良の為、参加できず、半分の6人で処置をしたため、スタ-ト前のコンディショニングは363名しか処置できず、せっかく並んで待っていただいた選手の多くが時間の為、処置できず、大変ご迷惑をおかけしました。そして参加した頂いた先生方には忙しくてお疲れ様でした。ゴ-ル後の処置は今年も天気が良く、かえって重症の選手が少なく、ゆっくりとしっかり診させていただきました。始めてスパイラルを経験された選手は脚の痛みが瞬時に軽減される体験をされ、驚きの声がテント中に響いていました。特に嬉しかったのは、コンディションニングでテ-プを貼っていただき、無事完走できたり、いつもよりラクに走れたと感激され、わざわざお礼を言いにゴ-ルのテントを訪ねて下さる選手が何人か見えて、これからも精進して頑張りたいと思いました。  (中部ブロック植手均/記)
(参加者/敬称略・順不同)植手達也 渡邉繁美 山田晃生 南貴也 古田昌宏 植手均
ペインスケール

 

平成31年3月10日(日) 名古屋シティマラソン2019ハーフ

s-20190310175754
<参加メンバー/順不同、敬称略>
植手均、植手達也、寺田敏晃、藤澤洋平、渡邉繁美、山田晃生、大嵜道弘、古田昌宏
<処置内容>虫様筋4P、 8点貼り、 靭帯腸骨・膝蓋靭帯・アキレス腱・坐骨、前斜角筋、患部処置
<コメント> ブースを男性と女性に別けて行いましたが、好印象でした。(古田昌宏)
s-IMG_0016
ペインスケール
 

平成30年11月25日(日)おかざきマラソン2018

IMG_1725

<参加メンバー>

古田昌宏、疋田大輔、夏目章弘、小田晃平(順不同/敬称略)

<処置内容>スタート前:4点貼+骨盤調整  ゴール後:4点貼+骨盤調整、8点貼、

 晒使用で半腱膜大転子(内果の判定より) <処置人数:42人>

<コメント>

スタート前に処置をしたランナーから、ゴール後に「大変良かった」と報告をいただきました!

また、アキレス腱部にしこりのあった方が、骨盤調整により消滅していました。

ただ、前日に自分で強いマッサージをしていた方は疼痛残存していて、痛みは取り難かったです。

中部ブロック長 古田昌宏

平成30年11月11日(日)いびがわマラソン

s-IMG_0044

<参加者>植手 均、藤澤洋平、横山和弘、植手達也、古田 昌宏、渡邉繁美、

     内海良太、南 貴也、渡辺英喜、大嵜道広、山田晃生 (敬称略)

<処置>虫様筋テ-プ4枚貼り、上肢・下肢の8枚貼り、 靭帯(腱)中心の処置法、
    下肢(足・膝・股関節)の判定からの処置法

<コメント>今年も天気は良く、マラソンランナ-には暑かったですが、ボランティア活動には最適でした。
朝早くから、スパイラルのブ-スに選手が来ていただき、例年よりも早く、6時30分にはコンディショニングの処置を始めました。今年は「振動診断法」を用いて、より正確に行うことが出来たと思います。
スタ-ト前のコンディション処置人数は502人で9つの椅子で4時間で処置できましたから、一人の選手に約4分位で処置ができました。参加された先生方、狭いテントの中で大変お疲れ様でした。
ゴ-ル後も「振動診断法」を用いて、筋組織か支持組織かの判定、処置を中心にさせていただき、処置人数は150人でした。今年は暑さの為、脱水症状の人が多く、田中会長から事前に脱水症状の起こしている人は塩を拭いているか、皮膚がカサカサか、口が渇いているとのアドバイスを聞いていましたので、ゆっくり水を飲んでいただいたら、意識のもうろうとした選手がそれだけで良くなっていただけたことに、ホッといたしました。このように現場で学ぶことが私たちにとって、生きた勉強となります。
今年で「いびがわ」のボランティアは15年になります。「信頼と実績の15年」これからも益々精進しまして、少しでも選手のお役に立てればと思います。    ~植手均~

ペインスケール

s-IMG_0046

平成30年3月11日(日)名古屋シティマラソン2018ハーフ(愛知県)

2018名古屋シティマラソン
〈参加メンバー〉植手均、植手達也、大嵜道広、寺田敏晃、藤澤洋平、古田昌宏、
山田晃生、渡邊繁美
 
〈コメント〉倒れ込むようなランナーはおられませんでしたが、テープ処置をしていくうちに筋肉の緊張が緩んでいくのが分かっていただき、ランナーに大変喜んで頂けました。(記 古田昌宏)

ペインスケール結果
  • 2018名古屋シティマラソン
  • 施術風景

平成29年12月10日(日)第29回袋井クラウンメロンマラソン

〈参加メンバー〉
内海良浩、内海良太

〈コメント〉
スパイラルテーピングとキネシオテーピングを比較すると、静岡県ではスパイラルテーピングの認知度が低いのを感じた。初めてスパイラルテーピングを体験されると変化が実感できた人が多かった。
・掛川東高校の陸上部の人たちがお手伝いをしてくれました。生徒にスパイラルテーピングをすると感動が大きかった。

平成29年11月26日おかざきマラソン2017

<参加メンバー>
古田昌宏、夏目章弘、渡邉繁美
 
天候に恵まれ、少しずつリピータや他の大会で体験されたランナーがスパイラルの幟を見つけ利用して下さいました。初参加の夏目先生も大活躍でした。
晴天、気温5度より少しずつ上がり10度前後中、スタート前コンディション75名、ゴール後18名、合計93名の方に体験して頂きました。
男女比68/25、リピーター2回目13人、3回目1人、4.50代利用が49名と彼方此方がイケなくなる年頃なのでしょうか。
来年は、50回目のメモリアルなので是非参加したいと思います。
(記 中部ブロック長古田昌宏)
 

モバイルサイト

スパイラル・テーピング協会スマホサイトQRコード

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

スパイラル・テーピング協会

〒574-0011
大阪府大東市北条1-23-1
072-862-0682