スパイラル・テーピング協会

23年の歴史をもつ学術団体です。

メインビジュアル2

HOME北海道支部 ≫ 平成27年6月7日 第35回千歳JAL国際マラソン ≫

北海道支部

平成27年6月7日 第35回千歳JAL国際マラソン

0000289521.jpg
施術者数 14名
処置人数 420名
ペインスケール

参加メンバー (敬称略)

河合二三丸、大北友義、清野政光、祓川勝文、須藤清樹、小山真司、田中恒成、大畠正、岸部秀勝、佐藤勇司、田中裕也、種村春奈、宮内智史、湯浅健司 

処置人数 420

〈コメント〉
ハーフはマラソンに適した気温だったのもあり故障者は昨年より少なく症状の軽いランナーが多かったように見受けられました。一方フルの方は途中一時的に気温がぐっと下がったため、低体温をおこしたランナーが多くみられました。そのためコースのあちこちで足がつり身動きできずにいるランナーが出たためテントから出て救護に行く機会がたびたびありました。会員の先生は3回目という事もありなれた様子で楽しそうにスムーズに処置していました。


 



モバイルサイト

スパイラル・テーピング協会スマホサイトQRコード

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

スパイラル・テーピング協会

〒574-0011
大阪府大東市北条1-23-1
072-862-0682