スパイラル・テーピング協会

23年の歴史をもつ学術団体です。

メインビジュアル2

HOME ≫ 四国ブロック ≫

四国ブロック

令和元年10月6日(日) 第33回今治シティマラソン
 

S__270344194
<コメント>
当日はほとんどOTを使わず処置をしました。相変わらずコンディショニングが主だが、
中葉筋の処置、上下肢8枚でほぼ対応ができ、あとは局所の処置が必要な人にプラスした。
アフターケアに関しては、2㎞、3㎞、5㎞、10㎞、ハーフと距離が短く酷い疲れ、痛み、
ケイレン等が少ない事と、スパイラルテーピングが効果的な治療との認識がランナーに乏しいため、体験希望者が今年も少なかった。
毎年言っているが、「効果的な呼びかけ」「足を引きずっているいる人に積極的に話かけをして体験してもらう」など取り組んでいきたい。最後に大前先生がふくらはぎのケイレンで
歩行困難な人を左内関、右三里、左腸骨筋のテープ3枚と局所の処置で歩けるようになったのは、圧巻でした。
<参加者/敬称略>大前利信 藤原一知 麓篤敬 安藤雅弘 
第33回今治シティーマラソン コンディショニング体験者アンケート結果

平成30年10月7日(日)第32回今治シティマラソン

201810291116_0001

<処置内容>

コンディショニング:4点貼or8点貼もしくは、アレルギー、ムチ打ちの処置+局所の処置、足関節チェンジングテープ

アフターケア:寒熱もしくは、8点貼+局所の処置

<コメント>

台風一過で快晴に恵まれ、少し汗ばむ程のコンディションでした。十数年このボランティアをしていますが、少し中だるみ気味で他団体の参加もあり体験人数が減少してきているようです。近年スパイラルを知らない人も多く来年に向けてイメージ、キャッチフレーズ、呼びかけの仕方を工夫したいと考えています。しかし、70歳以上の方の数人が最初は「完走の自信がない」と言っていたのに、「完走出来た」と報告をしに来てくれたり、タイムが縮まったと喜んでいる方もいて、好評だったように思います。今回、アフターケアで酷い脱水症状で両下肢が痙攣でなかなか起き上がれなかった方へ、石岡先生が時間をかけて適切な処置(前回の大阪マラソンで田中先生がされてた処置を見て勉強されてたようです)をして、なんとか歩ける状態になって帰って行かれたのは感動でした。

<参加者>安藤寛将 石岡友博 大前利信 藤原一知

四国ブロック  藤原一知

平成31年2月17日(日)第11回海部川風流マラソン
 

S__230047746

溝渕俊幸 石井大志 安藤寛将 安藤雅弘 尾花博之 西條誠人

<処置内容>筋組織・支持組織の判定法   寒熱の処置

<コメント>

マラソン後のケアでは筋組織判定が7割強ありました。

3時間台までの人は熱反応が多く、4時間台の人は寒反応が多かったです。

四国ブロック 西條誠人

平成30年4月2日(日)長津小学校バレーボール部テーピング体験

井川健二

長津小学校体育館のステージに、パイプ椅子とパーテーションで囲って会場を作り、スパイラルテープについて説明後、男女に分け、1列に整列して、小中学生14名、父兄2名、先生1名、合計17名を処置した。
スパイラルテープを知らない子供たちは、STテストに興味があるらしく、不思議そうに見ていた。バックマッスルの子や、左肢関節機能低下の処置前と、処置後を見て驚いていた。

平成30年2月18日(日)海部川風流マラソン(徳島県)

参加メンバー〉
安藤雅弘、安藤寛将、武上晃基、溝渕俊幸、石井憲三、
石井大志、尾華博之、西條誠人、麓篤敬
 
〈コメント〉
全身痙攣の選手に、四国の若手の精鋭3~4名で挑みましたが、結局点滴に運ばれて行ったのが心残りです。
 
  • 表紙
  • -
  • 御礼状海部川風流マラソン

平成29年2月19日(日)海部川風流マラソン

海部川風流マラソン1
〈参加メンバー〉安藤雅弘、安藤寛将、石井憲三、尾華博之、武上晃基、麓篤敬、溝渕俊幸

〈コメント〉
ゴール前のテントブースを提供して頂くため、痙攣等が多く処置中に熱⇒寒への変化も見受けられた。

平成28年10月2日(日)今治シティマラソン2016

今治2016
<参加メンバー>
安藤雅弘、安藤寛将、大前利信、武上晃基、藤原一知、麓篤敬

<コメント>
当日は、快晴に恵まれ、暑い一日でした。朝7時、現地集合、前日より設営していたので簡単なミーティングのあと、すぐにコンディショニングに取り掛かりました。最近の傾向として下腿部、土踏まず等の緊張を訴え、走ると膝、ふくらはぎ、足首が痛くなるので予防のテープをしてほしいという要望が多いようです。結構、虫様筋4枚でバランスが取れたのには驚きです。アフターケアは、骨端炎、成長痛の子供たちが来て、すぐに痛みが取れるので好評でした。
(記 藤原一知)

平成27年10月4日(日)今治シティマラソン2015

今治2015
今治シティマラソン2015(愛媛県)

<参加メンバー>安藤雅弘、安藤寛将、大前利信、藤原一知、麓篤敬

処置人数 112名

<コメント>
朝、昼の温度差が大きい日だったので、ゴール後、熱中症状態の人が多かった。

平成26105日(日)今治シティマラソン2014(愛媛県)四国ブロック

〈参加メンバー〉 安藤雅弘、麓篤敬、井川健二、大前利信、武上晃基、西岡忠寛、藤原一知、美馬利充

 <アンケート結果>

スパイラルテーピングを知っていた   男性 59% 女性 46

          知らなかった      41%    54

スパイラルテーピングをしたことがある 男性 35% 女性 27

          初めてする       65%    73

<考 察>

・今年はスパイラルテープ初体験の人が多かった。来年が楽しみです。

・今年は施術スペースが狭くなった関係もあり、椅子で処置を中心にやりました。やはり多くの人に処置をするということが大切なようです。

モバイルサイト

スパイラル・テーピング協会スマホサイトQRコード

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

スパイラル・テーピング協会

〒574-0011
大阪府大東市北条1-23-1
072-862-0682