スパイラル・テーピング協会

23年の歴史をもつ学術団体です。

メインビジュアル2

HOME中国ブロック ≫ 平成30年7月15日(日) 第38回全日本トライアスロ... ≫

中国ブロック

平成30年7月15日(日) 第38回全日本トライアスロン皆生大会

0000564781.jpg
<参加メンバー>(敬称略) 大前利信 加藤丈典 清水雅章 田村仁和 前田吉弘

<コメント>
気温35度超えの中、全日本トライアスロン皆生大会にて処置を行ってきました。
★午前5時半~7時、スタート地点での試合前に来られた方のコンディショニングでは、良肢位にての・上下肢8点を中心に処置
★途中ランの30キロ地点では(午後2時~6時)走行姿勢も、なかなか足が上がらず走れていない方が多く、上下肢8点か虫様筋の処置
痙攣状態の選手には、内関-陽陵泉、三里
意識状態の危ない方も一名来られ、内関強圧後医療班DRへ搬送となりました。
★そしてゴール(午後6時~8時3分)
フィニッシュ地点では、多くの選手が足を引きずり歩く姿が。。。
上下肢8点か虫様筋の処置を施し、歩行痛を軽減させリーフレットとサンプルテープを持たせた後に帰路を見送りました。
毎年参加させていただいているトライアスロンは本当にハードな競技ですが、年々スパイラルテーピングの効果認知度が上がっているのを実感します。来年も頑張ります。

中国ブロック長 加藤文典

モバイルサイト

スパイラル・テーピング協会スマホサイトQRコード

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

スパイラル・テーピング協会

〒574-0011
大阪府大東市北条1-23-1
072-862-0682