スパイラル・テーピング協会

23年の歴史をもつ学術団体です。

メインビジュアル2

HOME ≫ 中国ブロック ≫

中国ブロック

2018年9月22日~24日 全日本マスターズ陸上大会(鳥取県)

全日本マスターズ陸上全国大会(鳥取)3

<参加メンバー>大前利信 清水雅章 田村仁和 前田𠮷浩 加藤丈典

★コンディショニング

・良肢位上下肢8点 ・股関節開排制限からの処置 ・歩行、走行・トレーニング指導

★応急処置

・良肢位上下肢8点 ・熱、寒の処置 ・痙攣に対する応急処置 ・その他

<コメント>

9月22、23,24日の三日間、全日本マスターズ鳥取大会の処置を行ってきました。

さすがに全日本大会、朝9時の処置開始から、切れ目なく処置希望の選手が処置ブーズに来られ、昼休みも取る時間も少ししかなく、受付終了まで処置ベッドに空きが出ることがありませんでした。三日間でのトータル処置人数は約530人。

今までのボランティア処置に関わった最高人数となりました。

マスターズ歴が長い選手の多くは、長年の故障を抱えた状態の方が多く、「走行・投擲・跳躍の際に痛みや痙攣が出現してしまう」と訴える方が多かったようです。

今回も上下肢8点を中心にコンディショニングと、股関節開排制限を中心とした処置を行いました。

また、レース後の選手も次々と来られ、疼痛はもちろん痙攣、急激な体温・温度上昇からの身体異常を訴える選手が多かったと思います。

処置後は多くの選手が、体の動きが軽い等、症状の改善を感じておられたようでした。

処置により全体的にパフォーマンスを向上できた選手が多く、メダルや賞状を持参して、報告とお礼に来られる方も多かったです。

中国ブロック長 加藤丈典

平成30年7月15日(日) 第38回全日本トライアスロン皆生大会

0000564781.jpg
<参加メンバー>(敬称略) 大前利信 加藤丈典 清水雅章 田村仁和 前田吉弘

<コメント>
気温35度超えの中、全日本トライアスロン皆生大会にて処置を行ってきました。
★午前5時半~7時、スタート地点での試合前に来られた方のコンディショニングでは、良肢位にての・上下肢8点を中心に処置
★途中ランの30キロ地点では(午後2時~6時)走行姿勢も、なかなか足が上がらず走れていない方が多く、上下肢8点か虫様筋の処置
痙攣状態の選手には、内関-陽陵泉、三里
意識状態の危ない方も一名来られ、内関強圧後医療班DRへ搬送となりました。
★そしてゴール(午後6時~8時3分)
フィニッシュ地点では、多くの選手が足を引きずり歩く姿が。。。
上下肢8点か虫様筋の処置を施し、歩行痛を軽減させリーフレットとサンプルテープを持たせた後に帰路を見送りました。
毎年参加させていただいているトライアスロンは本当にハードな競技ですが、年々スパイラルテーピングの効果認知度が上がっているのを実感します。来年も頑張ります。

中国ブロック長 加藤文典

平成30年7月1日(日) 鳥取県マスターズ陸上選手権大会

会 場 米子どらドラパーク陸上競技場

〈参加メンバー〉(敬称略)
田村仁和、前田吉浩、清水雅章

◎主な処置内容
★コンディショニング
・良肢上下肢8点  ・股関節開排制限からの処置
・歩行、走行・トレーニング指導
★応急処置
・良肢上下肢8点
・熱、寒の処置
・痙攣に対する応急処置

<コメント>
気温30度超えの中、マスターズ鳥取大会の処置を行ってきました。
試合前に来られた方の、コンディショニングでは、マスターズ故の長年の故障をかかえた状態の方多く、走行・投擲・跳躍の際に痛みが出現してしまうと、訴える方が多かったようです。
今回は上下肢8点を中心にコンディショニングと、股関節開排制限を中心とした処置を行いました。
また、レース後の選手も次々来られ、アップ不足からの痙攣、急激な温度上昇からの身体異常を訴える選手が多かったと思います。
処置後は多くの選手が、体の動きが軽い等、症状の改善を感じておられたようでした。

中国ブロック長 加藤文典

平成30年6月10日(日)柔整ふれあいフェスタ健康フェアー 広島会場

0000564782.jpg
<参加メンバー>敬称略
加藤丈典、大前利信、清水雅章、前田芳浩、田村仁和

<コメント>
柔道整復の日イベント広島治療体験コーナーにて、処置を行ってきました。
今回も、従手検査にてできる範囲での処置となりました。
今回はイベントオープンから、治療体験コーナーは来場者が切れることがなく処置を行いました。
腰、肩、首、膝、手など。
基本的には、術者の手を添えて反応の変化のあるケースに、局所の処置を中心に行いました。
あと、歩行指導と動作指導を少々。
スパイラルテーピングの良さを理解していただくには、体験していただくのが一番だと思いますが、多くのことができない現場では、日頃の臨床での取り組みと、機転、発想がとても大事だと痛感いたしました。
 
中国ブロック長 加藤丈典

平成29年8月19日(土)少人数勉強会

講師 加藤丈典
受講者 (会員)田村仁和、清水雅章、前田吉浩 (会員外の方) 6名

コメント
会員外の柔整師・医師・薬剤師そして一般の方も交えて、「スパイラルテーピング療法とは」と題して、勉強会を開催しました。
テープが効くメカニズムを簡単に説明し、実際に左方・右方に貼って効果を体感して頂きました。そして運動療法・歩行・動作や指導について話を進め、参加者全員お互いにテープを貼り合い変化も認識して頂きました。一般の方もあり、あまり詳細や医学的な説明は控えましたが、ほぼ全員から、次回開催のリクエストをして頂き、終了いたしました。

平成29年7月30日(日)中国マスターズ陸上競技選手権大会

中国マスターズ陸上競技選手権大会
会 場 鳥取市コカコーラウエストスポーツパーク陸上競技場

〈参加メンバー〉(敬称略)
加藤丈典、大前利信、田村仁和、前田吉浩、前原由加里



◎主な処置内容
★コンディショニング
・上下肢8点  ・股関節開排制限からの処置
・歩行、走行・トレーニング指導
★応急処置
・熱、寒の処置

◎コメント
気温33度超えの中、マスターズ中国大会の処置を行ってきました。
試合前に来られた方の、コンディショニングでは、
長年の故障とかをかかえた状態の方が多く
走行・投擲・跳躍の際に痛みを訴える方が多かったようです。
コンディショニングゆえ、あまり多くの事をせずに
股関節開排制限を中心とした処置を行いました。
また、レース後の選手も次々来られ、8点処置等した後
身体が軽くなったり、痛みの軽減を感じられ、
説明を加えると、試合前に処置をしてもらえばよかったとの
言葉を多く聞かれました。

平成29年7月16日(日)第37回全日本トライアスロン皆生大会

トライアスロン皆生2017
〈参加メンバー〉大前利信 加藤丈典 清水雅章 田村仁和 前田吉弘
  • トライアスロン皆生施術
  • トライアスロン皆生設営

平成29年5月21日(日)柔整ふれあいフェスタ春の健康フェア 広島イベント

柔道整復の日イベント広島会場治療体験コーナーにて

短時間でできる処置・指導を行いました。
現場ゆえ、簡単な徒手検査にて、反応を見ながら局所の処置を中心に行いました。
来場者の腱鞘炎、寝違い、円背、歩行痛等に対する処置を行い、疼痛を変化、半減、軽減させることが出来ました。テーピングを貼ることだけで、症状の変化することに大変興味を示されて
いろいろと質問される方が多かったです。
あと、歩行指導や生活動作指導も合わせて行いました。

〈参加メンバー〉大前利信 加藤丈典 清水雅幸 前田吉浩

平成28年8月28日(日)中国マスターズ陸上競技選手権大会

中国陸上

〈参加メンバー〉加藤丈典、大前利信、前原由加里

〈コメント〉

今回は全柔協の医療ボランティアとして協力参加させていただきました。
マスターズということで60歳以上の方も多く、アップもそこそこに競技に出場し、負傷される方も多々見受けられました。競技種目はいろいろでしたが、共通事項として下肢大腿部ハムストリングスの負傷が多かったようです。70歳以上の方の中には両膝の変形があっても、競技に出場され砲丸投げをされたり、円背になっててもリレーに出場されてたりと、高齢になってもスポーツを継続して楽しんでいくという姿に、感動しました。処置に関しては、膝の変形に対し、軸合わせ処置したり、歩行・走行指導し動きがよくなり、それを大変喜んでいただけたと思います。また、熱心にスパイラル体操をその場で繰り返し、実践される方もおられました。ハードなマラソンやトライアスロンとは違ったいい雰囲気の中で処置することが出来て、また良い経験になりました。

☆後日、テーピングを受けた参加者より、テープのご注文がありました。テーピングをしてもらったら体が軽くなりましたとのご感想を頂きました。

 

モバイルサイト

スパイラル・テーピング協会スマホサイトQRコード

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

スパイラル・テーピング協会

〒574-0011
大阪府大東市北条1-23-1
072-862-0682