スパイラル・テーピング協会

23年の歴史をもつ学術団体です。

メインビジュアル2

HOME ≫ 北信越ブロック ≫

北信越ブロック

平成27年9月13日(日)第3回 白山白川郷ウルトラマラソン

レース前
(レース前) 折越幸夫、南健一、南野立志、北川隆之、木藤正幸、寺田敏晃

午前2時に会場に入りました、天候は曇り、しかし、いつ降りだしてもおかしくない空模様、しかし、空ばかり眺めている時間は無く会場設営にかかりました。
早速、選手が来てくれ、ありがたいことに長い行列が出来ました。
レース後
(レース後)折越幸夫、川上志乃、南野立志、木藤正幸、齊藤誠男、宝鏡修、高田茂敏

後半は、午後は3時から始めたのですが、昨年と違い選手の方から来てもらえて呼び込みの必要がなくなりました。今回もゴールした選手が感謝の言葉を持って 来てくださり、ケアを終えた選手はなんでこんなに変わるのですかと質問攻めでした。今後も天狗にならずに精進していきたいと思います。今回は、前半に 125人。後半に73人、合計198人の方に処置をさせていただきました。北信越ブロックの会員の先生方、高山の寺田先生、大変なスケジュールにもかかわ らず快く協力していただきありがとうございました。
北信越ブロック 折越 幸夫

平成27年8月2日小松中央ライオンズ旗争奪ママさんバレーボール大会

北信越ママさんバレーボール大会
〈参加メンバー〉
折越幸夫、木藤正幸、南 健一、南野立志

〈コメント〉
毎年の事ですが、気温が高く汗をかいた選手の皮膚にテープを貼るのはなかなか大変でした。バレーボール大会のボランティアでは、局所の処置が多く、古傷の方も多く見受けられました。そんな中、34人の方にスパイラルテーピング処置をして、全員の方に喜んでいただくことが出来ました。今回協力頂いた南会員、木藤会員、南野会員ありがとうございました。
北信越ブロック 折越 幸夫

平成27年7月5日(日)
第52回円角杯争奪ソフトテニス大会

2015円角杯
石川県白山市松任総合運動公園
ボランティア参加者 川上 志乃 木藤 正幸 折越 幸夫
ボランティア処置人数 64名

コメント
 
平成27年7月5日(日)第52回円角杯争奪ソフトテニス大会のボランティアに行ってきました。梅雨の合間に行われる屋外の大会ですが、20年以上中止になっていないそうです。
さて、テニス大会なので、マラソンボランティアとは当然処置法が違ってきます。今回多かったのが、肘の痛みと、熱症の影響と思われる痙攣の方が多く見受けられました。参加選手は、一般男女からシニアの男女65歳以上まであり、毎回、痙攣で途中棄権の方が出るのですが今回も出なくて助かりましたと主催者の方から聞き、少しは役に立ったのかなと思っています。来年は、もっと的確に処置が出来るように頑張ります。今回協力いただいた、川上先生、木藤先生、ありがとうございました。
北信越ブロック 折越 幸夫

第32回黒部名水マラソン

32回黒部名水マラソン20150524
2015年 5月24日(日)第32回黒部名水マラソン(富山県)
<参加メンバー>石田幸弘、折越幸夫、木藤正幸、北川隆之、齊藤誠男、宝鏡修、古山浩昭、古市直子、高田茂敏、高橋智広、経澤幸七、南野立志

天気は晴、最高気温26度、日頃室内での生活が多い私たちには最高の天候となりました。もちろん選手にとっても良いコンディションだったと思います。立山連峰を背に午前7:00から活動開始、準備が整う前から選手が来てくださり全種目のスタートが終わる10:15まで切れることなく処置をしました。12時頃からレースの終わった選手がぽつぽつと来てくださり、コンディショニングのおかげで大変良かったですと何人もの方からありがたい言葉を頂きました、今年が2回目の参加なのですが「昨年良かったので来ました」「別の大会で大変良かったので来ました。」と言う声があり、嬉しいやら、気が引き締まる思いで活動してきました。お陰様で358名の方に来て頂きました。
北信越ブロックの先生方の協力で充実した一日を過ごすことができました、本当にありがとうございます。
北信越ブロック長 折越 幸夫

 平成27426日(日)第35回魚津マラソン(富山県)

2015魚津しんきろうマラソン

〈参加メンバー〉 折越幸夫 石田幸弘 経澤幸七 古山浩昭 高田茂敏 川上志乃 斎藤誠男 古市直子 宝鏡 修 

処置人数 286

 

天気は快晴、気温も高くなり選手にとっては厳しい天候になりました。
さて、この大会のボランティアは昨年に続き二度目で、しかも今年初めての活動になるので、少し緊張しながら準備をし、7時30分頃に設営が完了。それと同時に選手が来てくれました。
ここから、一息つく間もなく11時30分ごろまで処置を続けることになり、しかも受付には長蛇の列ができ、正直ビックリしました。
午後から、レース後の処置をしていると、受付の方で「調子が良かったです、ありがとうございました」と、何人もの選手からありがたい言葉をいただき、スパイラルテーピングを勉強してよかった。ボランティアに来て良かったとつくづく思いました。
今回は、286名の選手に処置ができ、沢山の感謝の言葉までいただき大変有意義な一日になりました。
毎回、快く活動に参加いただく北信越ブロックの先生方に、心から感謝を申し上げて報告させていただきます。
今回、蜃気楼が見えていますと会場アナウンスが流れましたが当然見に行くことはできませんでした。蜃気楼はなかなか見ることができないのでこれだけが残念でした。
北信越ブロック 折越 幸夫

モバイルサイト

スパイラル・テーピング協会スマホサイトQRコード

スパイラル・テーピング協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

スパイラル・テーピング協会

〒574-0011
大阪府大東市北条1-23-1
072-862-0682